ハワイ定番のお土産を何処で買うのが安いのか色々と調べていたら、ビーフジャーキーは日本に持ち込めない事実が判りました。また、持ち込めるが税関で申請必要なお土産もまとめてみました。

ハワイ定番の土産は何処で買うのが安いのか

ハワイ定番のお土産と言えば、こんな感じ

・ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレート









・MAUNALOA(マウナロア)のマカダミアナナッツ









・ライオンコーヒーのコナコーヒー









・ホノルルクッキーカンパニー










TギャラリアDFS、ロイヤルハワイアンセンター、アラモアナセンター、ドンキホーテホノルル店、ABCストアなどを見て回って買い物して来ます。
また、帰って来たら詳しくお伝えさせて頂きます。

ビーフジャーキーは日本に持ち込めない事実

ビーフジャーキーも買って来る予定でいたのですが、調べたら日本へ持ち込み不可との事なので諦めました。昔は持ち込めたので知らない方も多いと思いますので御注意下さいね。

肉類(生、乾燥、缶詰を含む)、肉製品、果物、植物、種子、土などを持ち込むことはできません。これらのものを所持していながら、申告を行わなかった場合は、虚偽申告とみなされ、多額の罰金が科せられる場合があります。
特に、肉、ハム、ソーセージの畜産物をはじめ、牛肉エキスや乾燥肉を使用したインスタントラーメンやスナック菓子なども持ち込みが禁止されており、申告の対象となっています。

税関で申請必要なお土産

・酒類3本(1本760mlのもの。)

・たばこ 「紙巻たばこ」のみの場合200本(日本製)200本(外国製)
「葉巻たばこ」のみの場合50本 その他の場合250g

・香水2オンス 1オンスは約28ml(オーデコロン、オードトワレは含まれません。)

・その他の品目、その他のもの20万円(海外市価の合計額)
合計額が20万円を超える場合には、20万円以内におさまる品物が免税になり、その残りの品物に課税されます。税関は、旅行者の皆さんに有利になるように、免税となる品目を選択の上、課税します。
1個で20万円を超える品物、例えば、25万円のバッグは25万円の全額について課税されます。
1品目ごとの海外市価の合計額が1万円以下のものは、原則として免税となります。(例えば、1コ1,000円のチョコレート9コや1本5,000円のネクタイ2本は免税になります。)

その他、詳しい内容は税関のホームページを参照して下さい。
http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/index.htm