追記:2019年7月 実際にエアアジアでハワイに行った感想

実際に2019年7月末にエアアジアに搭乗してハワイに行って来ました。(家族4人で預け荷物は各1個)

感想は大満足でした。大満足の理由は安さです。JALと比較すると1人当たり料金が往復で、約65000円も安い!(4人往復合計なら26万円も安い!)

更に、座席もJALよりも若干狭いだけで十分に座れます。

事前にデメリット情報を知っていれば、快適にハワイ往復が出来ます。

実際に乗ってみての追加の注意点

・とにかく寒い。夏でもトレーナーやパーカーなど厚めの上着が必須。長ズボン、靴下も必須です。
・日本⇔ハワイ便は事前チェックインが出来ません。出発3時間前から受付開始のチェックインカウンターで搭乗手続きが必要。30分位並びました。その為、出発の2~3時間前にはチェックインカウンターに並ぶ必要がある。
・出発時間が近くなると搭乗口近くのコンビニは混み合うので早めに必要な物は購入しておくのが良いです。
・スマホにアマゾンプライムビデオをダウンロードしておいて良かった。(時間潰しに最高に活用しました)

追記:2019年5月で、スクート(関空⇔ホノルル)撤退

2019年5月で、スクート(関空⇔ホノルル)撤退しましたので、現在はエアアジア1択です

ハワイ旅行に格安で行くには航空会社はLCC エアアジアかスクート

近年、LCCでハワイに行けるようになり、ハワイ往復で1人2万円台で行くことが可能になりました。これにより超格安でハワイ旅行が実現可能になりました。

もっと快適に豪華にハワイにタダで行ける方法はこちら

ハワイにタダで行く方法は早くても1年以上先のハワイ旅行になりますので、頻繁に格安でハワイ旅行に行くなら、LCCでハワイに行き、ホテルのランクを若干下げて行くのが一番ハワイに格安で行く方法になります。

LCCとは。LCCメリットデメリット。口コミや評判は

LCC(ローコストキャリア)とは

LCC(ローコストキャリア)とは、あらゆる無駄を削減(無料サービスの廃止や有料化)や機内設備や人員の合理化により低価格に特化した格安航空会社の事です。エアアジアやスクート以外にも、国内線ではジェットスターやピーチやバニラエア等の航空会社が有名です。

LCCのメリット

・何と言っても価格が安い事。大手航空会社より9割近く安い事もあります。
・LCC各社独自のマイレージサービスもあります。
・安いと安全面が不安に思うが大手と比較して劣る事は無い。(LCCと大手との事故比率に因果関係が無い)
・安くても悪天候などで欠航になった場合は払い戻しや予約変更が可能。
・寝れたら何も気にならないので、安くて大満足。

LCCのデメリット

・両社共に飲食物の機内持ち込み禁止です。機内サービスを利用して欲しい為。
・出発日の数ヶ月以上前に予約しないと最安料金にならない。
・日本⇔ハワイ(ホノルル)は国内では関西国際空港のみの離発着。
・荷物も別料金。機内サービスは全て有料。
・座席予約が有料。(予約無しでは家族でも席が離れる)
・座席がやや狭い。
・予約の変更や払い戻しの手数料が高め、予約変更不可も有る。
・チェックインカウンターや搭乗ゲートが端(大手は中央)に有り、時間も掛かる。
・クーラーが効きすぎて寒い。ブランケットは有料。
・座席モニターが無いので、時間つぶしアイテムが必要。

口コミや評判は

・「安かろう、悪かろう」で安全性を疑問視する声も多い。
・座席が狭いとの意見も有れば、思ったよりも広く問題無いとの意見も。
・サービスを増やすと結構高い。

やはり料金の安さと快適性のバランスが重要ですね。

ハワイ格安航空券の比較や購入ならHotels.com(ホテルズドットコム)

エアアジアとスクートの比較表

エアアジア スクート
航空会社の国籍
・就航年
マレーシア・2007年 シンガポール・2012年
関空⇔ホノルル
往復最安料金
22,380円 22,746円
受託手荷物1個20kg +3,500円 +3,500円
座席指定(指定しな
いと同乗者と離れる)
+1,800円 +960円
支払い手数料 +800円 +960円
運航日(曜日) 毎日運行 月・火・木・土のみ
関空出発便
の時間
23:25(KIX)12:30(HNL)
所要時間: 8h 5m
19:50(KIX)09:00(HNL)
所要時間: 8h 10m
ホノルル出発便
の時間
16:00(HNL)20:25(KIX)+1
所要時間: 9h 25m
11:00(HNL)14:25(KIX)+1
所要時間: 8h 25m
機材・座席数 エアバスA330-300・377席 ボーイング787・335席
座席シートの並び 2-3-2
3-3-3
3-3-3
2-3-2(少ない)
座席シート生地 革張り 布張り
座席シート前後幅 81.28cm 78.74cm
座席シート左右幅 41.91cm 45.72cm

JALの座席の前後幅は約84cm~86cm、左右幅は45m~47cm

料金は殆ど差が無いので、スケジュールに合わせて、どちらかに決める事になりそうです。スケジュールに融通が利く場合は比較表で何を優先するかで決めるのが良さそうです。

ハワイ旅行に格安で行くにはホテルの選び方は

各ホテルの料金は1泊1室いくらの表示です。各部屋に定員人数が決められていますので、定員人数の上限で泊まる事で1人当たりの料金が安くなります。

後はホテルの何を優先するかでホテルランクを決めるのが良いでしょう。上を見たら1泊数十万円のホテルも沢山有りますが、最安のホテルは1泊5000円~1万円辺りでも十分に選べます。(1室2人で宿泊なら、1室2万円の部屋に泊まれば1人1万円)

また、連泊するならホテルよりもコンドミニアムがお得です。最安はホステル(相部屋)になります。

ハワイでお得なホテルを探すなら、Hotels.com(ホテルズドットコム)

LCCで行くハワイ4泊6日なら、いくらで行けるのか

LCCで行くハワイ 1万円のホテルに4泊なら、69,380円で行けます。
凄く安いです。国内旅行と変わりませんね。

ハワイに格安で行けるのを知ったので、来年また行こうか検討中→行く事に決定しました。

この金額を知ったので、来年もハワイにLCCで行こうと思いはじめました。

行くと決めたら、また、計画時点から記事にしたいと思います。

2019.1.12 追記
更に、安く行ける方法が分かったので、2019年も行く事に決定しました。これなら毎年行ける。